天神ジャック(その1) 

9/24〜30、改札近辺からコンコースまで、
西鉄福岡(天神)駅が特別展の宣伝で埋め尽くされていました。
駅構内をひとつの広告で占領するこの手法、
広告業界では「ステーションジャック」と言うそうです。

特別展開催の2日目から実施するのは何とも中途半端ですが、
広告枠そのものが水曜日開始で設定されているためなのです。

期間中の週末、見に行くか真剣に悩んだのですが、
撮影された方がいらっしゃいましたので、順番に御紹介します。

まず、地上階からエスカレーターでコンコース階に上がります。
すると、いきなり天井に展示品を使ったポスターです。

改札階のコンコースフラッグ

(撮影:なぎ@晴れのち平安さま)


B0の紙を横に2枚ずつ並べています。サイズは縦が103cm、横が291cm。
近くでよく見ると、中央につなぎ目の線が見えます。

図柄は全部異なっており、キャッチコピーもそれぞれ別のものを使っています。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。