渡唐天神(その4) 

渡唐天神は絵と文章の組み合わせで構成されますが、
文字を読み解くのが結構大変なので、絵だけ見てみると、
いくつかのバリエーションがあることに気がつきます。

・初期型:真正面を向き、体の正面みぞおちのあたりで手を組む。
     袈裟袋と梅の枝は体の右側に置き、足元には白い足袋を履く。
 (渡辺美術館(鳥取市)が所蔵する南北朝時代のものは手を組む位置が
  若干ずれていますが、足袋とずんぐり体型から見て初期型と思われます。)

・梅と松の間に座らせる雪舟スタイル
 (雪舟のものは、1/25まで千葉市美術館の特別展「雪舟と水墨画」に出ています)

・冠ではなく頭巾をかぶって横方向に歩く、携帯可能なサイズの祥啓(しょうけい)派
 (赤ずきんちゃんに見えるのは気のせいでしょうか……。)

・手の位置を腰の高さまで下げ、正面を向いたまま両腕のみ左側にねじる狩野派

・近衛信尹や白隠の文字絵

・頭身が伸びて全身でAラインを描き、白い帯を垂らし、靴を履き、
 体の左側に梅を置く中国製
 (今回展示されている76がそれですが、体の中心で手を組まない点など、
  基本形とはかなり異なっており、湯島天神所蔵のものの原画と思われます。
  『天神さまの美術』図録142頁の104が王道の図柄。)


今回展示されなかったものには、他にこのような系統があります。

・裙(くん)(丈の長いスカート)と靴を履き、上着をはおり、袈裟袋は体の左側、
 右脇に回した左袖に右袖をかぶせ、右手で持つ梅の枝を左腕の上に置くもの
 (『天神さまの美術』図録141頁の102)

・風を背中で受けながら、梅の枝に顔を近づけて香りを嗅ぐもの
 (『天神さまの美術』図録145頁の109)

・袈裟を袋に入れず、実際に羽織っているもの
 (京都国立博物館に1点あるだけと聞いていましたが、
  東北歴史博物館が所蔵する小池曲江のものもまさにこれです)

これだけ多様性に富んでいると、往昔はひどく普及していたようですね。
個人的にはかの武田信玄が模写したという一蓮寺(甲府市)のものが見てみたいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。