謎のクリアファイル 

ミニサイズのクリアファイルは以下の2種類です。

 ・41「松崎天神縁起絵巻」より巻2「紅梅別離」(写真右)
 ・47「天満宮縁起画伝(泊守治筆)」より第7幅「針摺峠(はりすりとうげ)」
    (写真左)

ミニクリアファイル2種類


「針摺峠」は筑紫野市にある地名です。
その由来は、道真が天拝山に通う途中、
金棒(斧とも)を砥石で磨いて針にしようとする老人に出会い、
自分の至らなさを痛感したこと。図では馬ならぬ牛に乗っています。

ところが、滋賀県彦根市の郊外にも「摺針峠(すりはりとうげ)」があり、
道真ではなく弘法大師空海を主人公に、同じ話が伝わっています。

色の異なる部分で折り返す(触ると分かる折り線が入っている)ので、
使用時のサイズは横21.5cm×縦12.5cm。

このファイル、問題はどう使うモノなのかという点。
A4用紙を入れてみると、微妙に幅が足らず、紙が波打ってしまいます。

ミニクリアファイルにA4用紙を挿入


このまま強引に使うと中の紙が傷んでしまい、ケースの意味をなしません。

それでは、チケットホルダーでしょうか?

ミニクリアファイルにチケットを載せる


幅は問題ありませんが、無意味に高さがあります。

そして色々試してみて、高さも幅もジャストフィットだと判明したのがこれ。

ミニクリアファイルに振込用紙を載せる


……コンビニの振込用紙(笑)。天神さまの御神徳で払い忘れを予防できそう?

一筆箋やハガキも入るので、切手と一緒に携帯用お手紙セットを作ることも可能ですが、
本当は何を入れたいケースなのか、真相は薮の中です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。