オークションをのぞいていた頃から気になっていて、
おそらく他の人は気にも留めないであろう事。

それは、「チケットの色が色々ありすぎる」。

手元に残る中央部分は黒色ベースの共通仕様なのに対し、
左側を平常展の入口で、右側を特別展の入口で、
もぎ取る両端部分にことごとくカラーバリエーションがあるのです。

特別展のチケット3種類


赤紫が前売券、青が招待券、黄土色が特別鑑賞券。その他、赤色も見た記憶があります。
裏面に通し番号が打ってあるので、ここから配布元を割り出す事は可能と思われます。

ちなみに当日券は買った事がないので未確認です。
ご存知の方、どうかご教示下さりませ。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。