あえて後回しにした情報をひとつ。

展示室入ってすぐ右側の壁、映像シアターのちょうど反対側に、
若手日本画家・冨田典姫(とみた のりこ)さんの柘榴天神図が飾られています。
新生堂画廊での個展に出ていた、龍がトグロを巻いている絵ですね。
まさかこれの現物を見られるとは予想だにしませんでした。眼福。

本人が天満宮に寄贈したのではなく、さる富裕層の方が購入して寄贈したという話。
そうなりますと、道真さんが白い牛の脇に座っている絵も、
同じ人が買った可能性がありますね。
価格面で折り合えば欲しいと思っていたりするのですが、当分はお預けかな〜。
せめてどこか大きな天満宮に寄贈してもらえれば、嬉しいのですけれど。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。