天神さま弁当(その4) 

天神さま松花堂弁当への寸評。

天神さま松花堂弁当


普通に美味しいので、値段相応ではあります。
洋食中心の店舗でありながら、
吸い物の出汁がきちんと取れていた点は特筆すべきでしょう。

ただ、これのどこが「天神さま」なのか? となると悩むところです。
「京風のお弁当」という枠組みならまだ分かりますが、
コンセプトの「平安の食」とは違う気がします。

また、牛と鶏の組み合わせには考えてしまう部分があります。
神の使いである牛は食べないものですし、
出立を急かせた鶏は飼わないものですし。
確かに「おいしい松花堂弁当」ではありますけれど、
道真さんからは離れている気がします。

そこで、それっぽいものを思いつつまま挙げてみます。

 ・ぐじ(甘鯛)の道明寺蒸し
 ・青菜の菊花和え
 ・山芋の梅肉和え
 ・竹の子と昆布・根菜の炊き合わせ
 ・梅干しを混ぜたご飯(炊飯時に混ぜればより理想的)
  または 紫蘇ご飯
 ・笹巻き生麩まんじゅう

梅・菊・竹・昆布・道明寺粉は外せないですね。
ショウガも使いたいんですが、すぐには思いつきませんでした。

(付記)
料理名について補足。

油揚げ巻き=信太巻き、なのは、信太(大阪府和泉市)に住むキツネが
安倍晴明を産んだという信太妻伝説にちなむもの。
ゴボウが八幡巻きになるのは八幡市がゴボウの産地だったからです。

道明寺(粉)はもち米を蒸してから乾燥させ、砕いたもの。
道明寺の住職だった道真のおばが陰膳に使った米で作ったのが
ルーツとされているの、ご存知でした?



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。