これは必見!(その16) 

48「天満宮縁起画伝(満盛院本)」 (〜10/19)

天神縁起には、大きく分けて「文字だけ」「文字と絵(=絵巻)」
「絵だけ(=掛幅)」の3パターンがあります。

掛幅は、その名の通り壁に掛け、絵に描かれた内容を横に立って説明するもの。
内容に沿って細かくコマ割りされています。
絵巻よりも大勢の人を相手にできるメリットがありますが、
パワーポイントとレーザーポインターを使うようなものなんでしょうか?

天満宮縁起画伝・満盛院本

(写真提供:九州国立博物館)


こちらは全部で8巻もあり、コマ数も非常に多いです。
「川面に姿を映す道真」「ナマズを退治する道真」など、
福岡ならではの話も追加されていますが、読み解けないものもちらほら。
さすがの味酒さんも、完全読解は不可能との事でした。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。