承久本、複製で完全公開 

10/21から11/3まで、承久本「北野天神縁起絵巻」の複製が
博物館1Fミュージアムホールで別途展示されます。観覧無料。

日本ヒューレット・パッカード社が制作し、
北野天満宮に奉納したもの。全長約80m。
「平成記録本」と命名されましたが、さしずめ「日本HP本」ですね。

原本が部分的に公開されることはありましたが、
この絵巻を最初から最後まで通しで見られる事はまず考えられないので、
複製とはいえ、非常に貴重な機会だと思います。

今年の5月、寄贈を記念して北野天満宮で公開された時も、
半分ほどしか展示されなかったようです。

とりわけ、江戸末期に絵巻の下張りとして発見され、
線だけの下絵状態で終わっている巻9は、
今後もまず公開されないのではないでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。