これは必見!(その10) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (2)巻4「配流陸路」(その1)

巻3の終わりで、紅梅殿の梅に別れを告げた道真は、山陽道を西に向かいます。

巻4冒頭の詞書(ことばがき)は非常に美しいものですから、
長くなるのを覚悟で御紹介したいと思います。

承久本・配流陸路

(写真提供:九州国立博物館)


生涯は定まれる地なし。運命は皇天(こうてん)にあり。
思はざりき、大臣・大将より大宰(だざい)の権帥(ごんのそち)に
遷(うつ)されて、
輔弼(ほひつ)阿衡(あこう)の貴名を改めて、
配流(はいる)左遷の拙(つたな)き名を継がんとは。
朝の露をば袂(たもと)の上に打ち払ひ、
呼ぶ小鳥の声こそ枕上(ちんじょう)に伴へ。
     (中略)
五代帝王の御幸(みゆき)には、緑〓(りょくじ)の馬に乗りてぞ、
鳳輦(ほうれん)の御先(みさき)には打ち給(たま)ひしに、
駅馬の蹄(ひづめ)痛く、鞭(むち)をのみ費やす。
     (中略)
傅築(ふちく)巌辺(がんぺん)の〓(ごう)、
范舟(はんしゅう)湖上の篇、
我が身いかなる悪果に引かれて、旅の空に漂ひて、
雲を開く雁(かり)に伴ひ、
日終(ひねもす)に吟じて樸(ぼく)を抱(いだ)く蝉とも成りぬらん。

三峡五湖の暁(あかつき)の波に涙流れ添ひ、
呉坂楚嶺(ごはんそれい)の夜な夜なの嵐に目をのみ覚ましつつ、
昔を思へば、
器の拙(つたな)くして豊沢(ほうたく)を受く。
臨めば万仞(ばんじん)の淵(ふち)よりも深し。
船頑(かたくな)にして巨川(きょせん)を渡る。
責めは千鈞(せんきん)の石よりも重し。

京を出(い)でて後、月日は重なれども、
朝(あした)の煙絶え、夕(ゆうべ)に宿空しく、
妖害(ようがい)は何によりてか去らん。
悪名はついに除こなんとす。
今はただ合掌して、仏道に帰依(きえ)し、
心をめぐらして罪果を厭離(おんり)す。
     (中略)
さりながら、宿習(しゅくじゅう)に引かれて、
楽天(らくてん)の「北窓三友」の詩を思ひて
作らせ給ひたる廿八韻(にじゅうはちいん)の詩を聞くこそ、
いよいよ御心の内知られて、哀れに覚(おぼ)ゆれ。

  勅使(ちよくし) 駆将(かり)て去りしより
  父子 一時に五処に離る
  口に言ふこと能(あた)はず 眼中(がんちう)の血
  俯(ふ)し仰ぐ 天神(てんじん)と地祇(ちぎ)と
  東(とざま)に行き西(かうざま)に行き 雲眇眇(はるばる)
  二月三月(きさらぎやよひ) 日遅遅(うらうら)
  重関(ちようかん) 警固(けいご )して 知聞( ちぶん)断え
  単寝(たんしん) 辛酸(しんさん)にして 夢見ること稀(まれ)なり
  山河〓矣(はくい )として行くに随(したが)ひて隔(へだ)つ
  風景黯然(あんぜん)として 路(みち)に在(あ)りて移る
  平(たひ)らかに謫所(たくしよ)に致(いた)るとも
   誰と与(とも)にか食(は)まん
  生きて秋風に及ぶとも 定(さだ)めて衣も無(な)からん
  古(いにしへ)の三友は一生の楽しびなれど
  今の三友は一生の悲しみなり

これぞその中の七句。句ごとに腸(はらわた)を断ちぬべし。

道の遠くなりければ、心細く思(おぼ)して、
北の方へ奉らせ給ひける御歌を聞くこそ、哀れに覚(おぼ)ゆれ。

  君が住む宿の垣根をゆくゆくと
  隠るるまでにかへり見しかな

京には、この御歌を御覧じて、紅の涙を流させ給ひける。
理(ことわり)に思して、よその袂(たもと)まで絞りあへずぞありける。

(参考文献:小松茂美編『続日本の絵巻15 北野天神縁起』中央公論社、1991年)
※漢詩の読み、詞書の解釈については、私意により一部改めました。


ここまで来て、ようやく牛車(ぎっしゃ)に乗せられた道真が登場します。
ワンシーンしか展示されていなくても、詞書はこのように長いのです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。