天神ジャック(その7) 

ホームの上に飽き足らず、広告は線路の上まで続きます。

レール上の広告


車止めの上に半円形の装飾を設け、その外側を広告スペースに。

鉄道事業の収益性を高めることを目的とした駅ナカの開発手法には
「広告枠の拡大」と「小規模商業施設の誘致」がありますが、
作ろうとさえ思えば、掲示スペースはいくらでも作れるものなのでした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。