特別展、無事終了です 

本日17時をもって、特別展「国宝 天神さま」は無事終了しました。
当初の心配とは裏腹に、大盛況だったようです。
最終の入場者数については、明日の「西日本新聞」に出ると思いますが、楽しみですね。

スタッフの皆様、お疲れ様でした。(←明日からの撤収作業の方が大変だと思います。)

今回の展示で判明したこと。

 ・道真が九州に2年間しかいなかった事は、案外認識されていない
 ・福岡県民は福岡市天神地区がなぜ「天神」なのか知らない
 ・九博の特別展は「左から入って右へ出る」会場設営が常識だった
  (閲覧ルートが時計回りとなり、巻物とは反対方向の動線になるのですが、
   今回右に入口を設けるまで、問題視されなかったらしい……。)

勝因として、今思いつくまま挙げてみると、

 ・福岡有数の観光地である太宰府天満宮の隣で祭神にちなんだ展示を行った
 ・西日本新聞と西日本鉄道(特に後者)の強力なPR作戦
 ・県内の小学生に無料入場券を配り、保護者の来訪を促した

あたりが考えられますね。
個人的には福岡県内のみならず、山口や九州北部を巻き込んでみたかった感はあります。

さて、会期終了にともない、このブログも一旦終了……のはずでしたが、
まだ書き残している事がありますので、もう少し落ち穂拾いが続きます。



これは必見!(その38) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (14)巻5「雷神襲来」

承久本には2度、雷神が雷を落とすシーンが描かれています。これはその最初のほう。
元ネタは『大鏡』時平伝です。

道真が死して神となり、清涼殿に雷を落とそうとした時、
左大臣時平は太刀を抜いて仁王立ちになり、虚空に向かってこう叫びました。

「生前でも私の下座だったでしょうが!
 たとえ神になられても、この世では私に遠慮するのが筋です!」

この言葉に一度は雷も収まりましたが、時平が偉いのではなく、
道真公が臣下としての秩序を示しただけの事だとか。

時平と道真の直接対決を描いたこの話、実は全くのフィクションなんです。
清涼殿が被災して死傷者が出たのは930年6月26日の一度きり。

どこでしたか、
「雷の鳴る最中に太刀なんか抜いたら、格好の避雷針になるだろう」という
ごもっともなツッコミを読んだ時は、思わず笑ってしまいました。

これは必見!(その37) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (13)巻5「神霊化来」

時は901年の夏、所は比叡山延暦寺。
高僧・尊意(そんえ)の耳に、自室の扉を叩く音が響きました。
真夜中という時間帯を怪訝に思いながら扉を開けた途端、尊意は我が眼を疑いました。
訪問者は、今年の春に死んだはずの道真公。

しかしそこは良くしたもの、冷静を装って部屋の中に招き入れました。
まずは黙って相手の言い分を聞き出そうと試みたのです。
来客に取りあえず勧めたのは、旬にはまだ早いザクロの実。

「復讐にあたって、梵天と帝釈天の許可を得た。
 例え天皇からの命令であっても、私を阻止するような事はしないで欲しい」。

はっきりと宣戦布告の意思を聞かされた尊意は、明快なまでに拒否しました。

「そう言われましても、二度三度と出動要請があれば、断る事はできません」。

道真は激怒し、とっさにザクロをつかみ、
口に含んだかと思うと、種ごと吹き出しました。

種は炎となって燃え上がり、傍らの戸に引火します。
尊意も臆せず印を組み、指先から水を放ちます。

攻撃を簡単にかわされてしまい、道真は悔し紛れに姿を消しました。

同じ画面に異なる場面を描くことで時間の推移を示す異時同図法を採用した
承久本のこの場面は、個人的には大好きなシーンです。
優美な正装でドアを律儀にノックする姿が、
いかにも生真面目な彼らしいという印象を受けるのです。

怨霊の火炎放射に僧侶が放水攻撃で応戦する光景が面白い、という声も出そうですね。

道真展の歩き方(2) 

特別展の会場は、現在このような順番で構成されています。

 ・エントランス …観世音寺梵鐘・荏柄天神の雲中天神像
 ・第1室 …平安時代に関する文字史料
 ・第2室 …承久本・メトロポリタン本・松崎本などの天神縁起絵巻と遺品類
 ・VTRコーナー
 ・天神さま研究所
 ・第3室 …天神縁起の絵巻・屏風・掛幅
 ・第4室 …天神像・渡唐天神像・観音像・仏塔
 ・第5室 …お祭りで使っていた獅子頭や面・連歌懐紙・文楽人形・浮世絵
 ・第6室 …神輿

一番混雑するのは、展示の目玉となる絵巻が揃っている第2室です。
ここから見ようとすると、
朝9時30分の開館に合わせて入らない限り、行列になるでしょう。

そこで午後から入館した場合の効率的なモデルコースを紹介します。
特別展に行っていなかった地元の知人を案内するために
会場内で即座に考えたものですので、実証済みです。

まず手荷物は、鉛筆とメモ帳程度を残し、1階のコインロッカーに入れます。
衣類だけでしたら1階のクロークに預けます。
必要に応じて当日券を購入し、エスカレーターで特別展会場へ。

まず観世音寺の梵鐘荏柄天神の雲中天神像を見たら、
人の多いエリアを抜け、そのまま一気に第4室へ。
天神画像道明寺の十一面観音、御自作天満宮の天神座像や大興善寺の十一面観音、
渡唐天神像と、ひととおりじっくり眺めます。

そして歌舞伎や連歌に特別な関心のない限り、第5室はさらっと流しましょう。
芝居絵でもそんなにインパクトのあるものは出ていませんし、
文楽人形も普段から北野天満宮の宝物殿に展示されています。

この後第3室に戻り、扇面屏風と掛幅を見ます。
天神縁起の全体像を知らないと到底読み解けないので、見るだけで大丈夫です。

VTRは好きに応じて、または休憩目的で。
知人は元のテレビ番組を見ていたので、省略しました。

仲間同士で茶々を入れて楽しみたいなら、その足で隣接する天神さま研究所へ。
貼り出されている紙を読み出すと際限がないので、軽く眺めるだけにとどめ、
パソコンの上のホワイトボードや本棚等、web上では見られないものを見ておきます。

ここまで来て、いよいよ本題です。第1室に戻りましょう。
菅家文草菅家後集新撰万葉集和漢朗詠集を見ておきます。
基本的に文字(特に漢字)ばかりなので、予備知識がないと辛いかもしれません。

そしてお待ちかね、天神縁起絵巻尽くしの第2室です。
ガラスケース越しに革帯・笏(しゃく)・櫛・鏡といった遺品類を見ながら、
人が少なくなった頃合いを計り、行列に加わります。

承久本メトロポリタン本松崎本の3つを見ておきましょう。
非常に長々と展示されています。

これで一通り見終えた格好になります。
残りの時間を利用し、もう一度見ておきたいものにじっくり向き合いましょう。

最後に、博物館や美術館で使いたい、ちょっとしたテクニックを。
通常、閉館の30分前に入場受付が閉まります。
そのため、数分後には最初の方の部屋ががら空きになります。
残り時間が少ないので、どうしても見たいもの以外を先に見ておく必要はありますが、
絶えず行列のできていた承久本も、恐ろしくスムーズに見られますよ。

道真展の歩き方(1) 

11/22〜24の3連休は1日数千人が来場したそうで、26日に15万人を突破したとの話。
最終的には16〜17万人になる見込みです。見事に大盛況に終わりそうです。

しかしその反面、会場は少なからず混雑しています。
そこで今日から2日連続でお送りするのは、「会期終了間際における道真展の歩き方」。

まず事前に用意して頂きたいのが、作品目録と充分な時間。

もともと作品目録は会場内に山積みになっていましたが、見事にはけてしまいました。
そこで九博のサイトでPDF版目録を印刷しておきましょう。
ノンブルを見ると10ページあるように見えますが、実際は5ページです。
途中で切れているわけではありませんので、ご安心を。

ちなみに紙版ではデザインが異なり、4ページで構成されています。
最初のページは表紙なので、目録部分は実質3ページです。

紙の作品目録


そして観覧に要する時間ですが、

 ・特別展のみ  … 2時間(混んでいなくても1時間では厳しいと思います)
 ・常設展も見る …+1時間(再訪やピンポイントの場合。腰を据えるなら2時間)
 ・売店やあじっぱにも寄る   …+0.5〜1時間
 ・グリーンハウスで食事    …+1.5時間(昼食時は満席になります)
 ・太宰府天満宮にもお参り   …+0.5〜1時間(普通は寄りますよね?)
 ・太宰府天満宮の宝物殿にも寄る…+0.5時間

と、オプションをつけることで簡単に半日、下手をすれば丸1日つぶれます。
そうなると、事前の取捨選択が非常に重要になってきます。
最低限の組み合わせは、「特別展+天満宮(+宝物殿)」の3〜4時間コースでしょう。

明日は特別展会場内を効率的に見て回るための順番についてです。

これは必見!(その36) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (12)巻5「安楽寺葬送」

「遺骨は京都に送り返さないで欲しい」という遺言に従い、
道真の亡骸は大宰府の地に埋葬されることになりました。
しかし途中で遺体を載せた牛車が動かなくなってしまったため、
その場で荼毘に付されました。この場所が現在太宰府天満宮のある場所です。

生前、いくら故郷を慕っても、異郷の地に葬られるであろうことを
危惧していたはずの道真は、最期に自らその選択肢を選びました。

太宰府天満宮本殿裏手


神霊の魂を祀る場所が、同時に魄(肉体)を祀る、
霊廟と仏舎利(ぶっしゃり・釈迦の遺骨)を合わせ持つような天満宮安楽寺の歴史は、
祭神の一言から始まったのでした。

これは必見!(その35) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (11)巻5「祈天拝山」

死を目前にして紀長谷雄に詩巻を託した巻4末尾から、少し時間は遡ります。
無実を天に訴えるべく、道真は大宰府郊外にある山へ登る事にしました。

自らしたためた祭文(さいもん)を山頂で掲げ、一心不乱に祈りを捧げていると、
祭文は虚空へ高く舞い上がりました。
梵天(ぼんてん)と帝釈天(たいしゃくてん)が彼の願いを聞き入れたのです。

天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)の名を与えられ、
道真は生きながら神となりました。
そして、この山は後に天拝山(てんぱいざん)と呼ばれるようになりました。

祈天拝山

(写真提供:九州国立博物館)


「軟禁状態に置かれた病弱の老人」という背景により、
この話はあくまでもフィクションたりえます。
しかし、道真の死後2世紀後にはすでに存在した話であったらしく、
院政期の学者・大江匡房(おおえのまさふさ)の
言談録『江談抄(ごうだんしょう)』に触れられています。

匡房は大宰権帥(高官の左遷用ポストではなく、実際に職務を遂行する権帥)として
現地に赴任した経験があり、詩文を読むと、
他にも天神縁起の母体となる話をいくつか知っていた事が伺えます。

ところが、その彼をしても、
現代日本人にとって最も有名なはずの飛梅の話は語られていないのです。
匡房より後に成立した天神縁起の、さらに後で生まれた話だから当然ではありますね。

これは必見!(その34) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (10)巻3「紅梅別離」

901年2月1日、道真は慌ただしく都を出立する事になりました。
出発を前に、自宅の梅に惜別の情を込めてこう呼び掛けました。

  東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな

この歌に感応した梅は、やがて一夜で海を越え、大宰府に着いたとされ、
現在も太宰府天満宮に咲く飛梅(とびうめ)のルーツになっています。

こう書くと、「『春な忘れそ』ではないですか?」という声が必ず上がります。
ただこれを説明すると長くなるので、今回は控えたいと思います。
一言で書けば「とりあえず『拾遺集』を見て下さい」となりますね。

これは必見!(その33) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (9)巻3「法皇佇立」

901年1月25日、右大臣菅原道真を大宰権帥(だざいのごんのそつ)に左降する
宣命(せんみょう)が出されましたが、宇多法皇がそれを知ったのは数日後でした。

醍醐天皇に翻意を促そうと、法皇は慌てて内裏に駆けつけます。
しかし厳戒態勢の宮中には、どうしても立ち入る事ができませんでした。

木のかたわらでなすすべもなく立ち尽くす法皇。
その前にひれ伏すのは、蔵人頭(くろうどのとう)藤原菅根(すがね)です。

彼は道真の弟子ですが、天皇の即位前からの側近でもあり、
忠実な官房長官として職務をまっとうする道を選びました。
この直後、法皇の参内を妨げたとして、大宰府に左遷されますが、
あくまで形式上の措置であり、すぐ京官に復帰しています。

これは必見!(その32) 

37「北野天神縁起絵巻(承久本)」 (8)巻3「行幸密議」

会期後半に展示されるのは巻3と巻5。今回から順番にあらすじを書いてゆきます。

醍醐天皇は父宇多法皇の御所を訪れ、両者の間で極秘会議が開かれました。
その結果、呼び出されたのは左大臣藤原時平ではなく、右大臣菅原道真。

「そなたを関白に任じようと思う」。

この言葉に道真は驚愕し、ただひたすら固辞するばかりでした。

呼ばれた口実を作るため、道真は詩の題を賜ってから公卿の控え室に戻りましたが、
自分を差し置いて呼び出された事に対し、時平は不満の色を隠せませんでした。

行幸密議

(写真提供:九州国立博物館)


道真を関白に任じようとしたが、未遂に終わったという話は、
安楽寺の巫女の託宣に出てきますが、真偽の程は定かではありません。

ただ、「寛平御遺誡」の内容でも分かるように、宇多院と道真の君臣関係は、
あまりに親密すぎて周囲の邪推を買う余地があったのは事実です。

展示部分は行列に従う人々の姿が延々と続きますが、本題は左端にちょっとだけ。
室内に座す天皇と法皇の前に、平伏する正装の道真。

この無意味なまでの冗長さが、承久本の特色でもあります。

これは必見!(その31) 

18「菅家後集(かんかこうしゅう)」

大宰府時代の作品を中心とした道真の漢詩集です。全1巻。

道真の作品を読む場合、この作品集、
とりわけ「九月十日」あたりから入るケースが多いと思います。
しかし江戸時代においては、なかなか活字化されなかった事もあり、
知識人にとって「名前は知っているが実際に見た事はない」古典でした。
(それどころか、現代では「名前も知らない」古典ですね……。)

今回展示されるのは尊経閣文庫が所蔵する、前田家甲本と呼ばれる写本。
現存する後集の中で最も良いものとされ、
日本古典文学大系(岩波書店)の底本にも用いられています。

その奥書によれば、もともとの題は『西府新詩(さいふしんし)』でした。
西府とは平安京のはるか西に位置する大宰府のこと。
臨終を前に、大宰府で作った漢詩のうち、
「自詠」から「謫居春雪」までの39首を一巻にまとめ、
都にいた紀長谷雄(きのはせお)へ送ったものです。
長谷雄は異郷に果てた才能を惜しみ、後世にもその名が残るだろうと評しました。

その後、冒頭部に右大臣時代の詩を増補したのが、現在の『菅家後集』です。
道真自身が命名した『菅家文草(かんかぶんそう)』と
対比して名付けられたのでしょう。

最後に手元に残されたもの=漢詩と孤独に向き合った記録なので、
人によっては「消極的」「情けない」という印象を受けるかもしれません。
でも、自分の傷をえぐるような事はなかなか書けないんですよね、普通。

「私はここにいる」。その響きにちょっと寄り添ってみるのも良いものですよ。

チケットの色々 

オークションをのぞいていた頃から気になっていて、
おそらく他の人は気にも留めないであろう事。

それは、「チケットの色が色々ありすぎる」。

手元に残る中央部分は黒色ベースの共通仕様なのに対し、
左側を平常展の入口で、右側を特別展の入口で、
もぎ取る両端部分にことごとくカラーバリエーションがあるのです。

特別展のチケット3種類


赤紫が前売券、青が招待券、黄土色が特別鑑賞券。その他、赤色も見た記憶があります。
裏面に通し番号が打ってあるので、ここから配布元を割り出す事は可能と思われます。

ちなみに当日券は買った事がないので未確認です。
ご存知の方、どうかご教示下さりませ。

あじっぱで天神人形 

博物館1階、売店手前の奥に、子供向け体験学習施設「あじっぱ」があります。

その奥の小さな展示スペースに、
特別展に連動して個人所有の天神人形が飾られています。

展示棚は壁面一つ分、上記リンクの写真に載っている分ですべてですので、
数としてはそんなに多くないですね。
『菅原伝授手習鑑』上演に合わせ、国立文楽劇場で別の人のコレクションを
展示した時の方が物量作戦全開だった気がします。

「へー、こんなにバリエーションがあるのか」と、
素直に感心するとっかかりに使って頂ければ良いのではないでしょうか。

戦前の太宰府天満宮の絵ハガキや、
明治・大正・昭和各時代の梅ケ枝餅の展示もありますが、
骨董市の類が好きな人には喜ばれるのでしょうね。

天満宮宝物殿(その2) 

あえて後回しにした情報をひとつ。

展示室入ってすぐ右側の壁、映像シアターのちょうど反対側に、
若手日本画家・冨田典姫(とみた のりこ)さんの柘榴天神図が飾られています。
新生堂画廊での個展に出ていた、龍がトグロを巻いている絵ですね。
まさかこれの現物を見られるとは予想だにしませんでした。眼福。

本人が天満宮に寄贈したのではなく、さる富裕層の方が購入して寄贈したという話。
そうなりますと、道真さんが白い牛の脇に座っている絵も、
同じ人が買った可能性がありますね。
価格面で折り合えば欲しいと思っていたりするのですが、当分はお預けかな〜。
せめてどこか大きな天満宮に寄贈してもらえれば、嬉しいのですけれど。

天満宮宝物殿(その1) 

特別展会場入ってすぐ右、展示目録の置いてある台の上に、
太宰府天満宮宝物殿の無料拝観券が大量に置いてあります。

本来は有料の施設ですので、これ幸いと覗いてきました。
太宰府へはほぼ毎年足を運んでますが、ここに入ったのは数年ぶり。

第一展示室は幕末関係の展示ですが、興味がないのでそのままその先へ。

すると第二展示室が道真尽くしになっております。
お勧めしたいのは以下の3点でしょうか。

 ・牛に乗って疾走する道真を描いた狩野派の絵
  (京都国立博物館の講演会でこの絵をスライドで見せられ、
   どこが所蔵する作品なのか、ずっと気になっていたのです。)
 ・博多人形による、コンパクトサイズのリアルな天神座像
 ・近衛信尹の回で触れた白隠慧鶴の巨大文字絵天神
  (湯島天満宮の宝物殿にもあるので、複数存在する模様。)

この施設、必ず天神画像だらけの環境が保証されている訳ではないんですよね。
かと言って梅の開花時期に遠路はるばる行けるはずもなく。

企画展示は梅の絵尽くしですが、こちらも一通りさらっと見て終了。

むしろ勝手にハマったのが、売店。
本棚に『大宰府・太宰府天満宮史料』や『太宰府天満宮連歌史』、
『菅原道真と太宰府天満宮』が全巻揃っていました。もちろん購入可能な商品として。
なぜか『菅原道真論集』もありますので、筆者のマトモな文章を読みたい方はどうぞ。

16時受付終了、16時30分閉館です。
博物館帰りに寄られる際は、お早めに太宰府市入りされることをお勧めします。

ラッピングバス 

9/22に福岡市天神界隈で、一風変わったラッピングバスを見かけました。
車体横側、後ろ半分だけのラッピングバス。

写真を撮ろうと思いつく前に、目の前を走り去ってしまいました。

ラッピングバス

(撮影:なぎ@晴れのち平安さま)


せっかく特別展の宣伝をするのなら、
フルラッピングにすればいいのにと思ったのは私だけでしょうか?
チキンラーメンのフルラッピング版西鉄バスを見ましたけれど、
ホント理屈抜きでかわいかったですよ。



(2009/06/26追記)
フルラッピングは3ヶ月単位の契約なので、
費用の問題ではなく、単に掲載期間の問題だったようです。
今回のハーフラッピングは1ヶ月のみの契約(1台42万円)かと思われますが、
何台走らせていたかまでは不明です。

これは必見!(その30) 

39「メトロポリタン本 北野天神縁起絵巻』 (2)

アメリカ・メトロポリタン美術館蔵の天神縁起絵巻より、異界巡歴譚の続きです。

太政威徳天(道真)に会った際、
道賢(どうけん)は「日蔵(にちぞう)」という名前を与えられます。
その後仏教世界を巡り、地獄の入口にたどり着きます。

メトロポリタン本

(写真提供:九州国立博物館)


燃えさかる業火を前に、茶色の着物を着て合掌している山伏が日蔵。
頭や尾がいくつもある巨大な動物は、地獄の門番です。

さて、その地獄には出家したはずの醍醐天皇が堕ちていました。
衣装はいちおう身につけていますが、頭には何もかぶっていません。
頭にカブリモノをせず、もとどりを人目にさらすことは、
平安時代の貴族にとって非常に恥ずかしいことなのです。
後ろに従う3人の男性は、全裸なのか、すでに体中がすすけて誰か見当もつきません。

炎の中、醍醐天皇は日蔵に告げます。
「道真を左遷し、父親(宇多法皇)を裏切り、弟(真寂法親王=斎世親王)との仲を
 裂いたことでこのような目に遭っている。
 どうか息子(朱雀天皇)に写経をするよう伝えてほしい」。

現世に帰った日蔵は、このメッセージを朱雀天皇に奏上したのでした。

この物語、兄弟を殺して皇帝となった唐の名君・太宗(たいそう)が、
死後地獄に堕ちたという中国の説話を元に作られた話と言われています。

平成記録本 

11/3まで承久本「北野天神縁起絵巻」の複製が1階で無料展示されていました。
終了間際に日帰り強行軍で見てきましたが、正直な話、とっても良かったですよ。

平成記録本展示会場の入口


照明を落としぎみの室内に特注(側聞したところでは80万円とのこと)の
黒い展示台を5台設置し、横方向に2巻ずつ複製を並べます。
その表面に透明なプラスチック板を載せ、触れないようにしてありました。
ガラスケース越しではないので、文字通りの至近距離です。

各巻の最初には、展示台の背後に黒いパネルがあり、
その巻のあらすじがまとめてありました。
菅原幹正が安楽寺を訪れた話など、省略された話もありますが、
基本的にはこの文章だけで天神縁起の構成が理解できるようになっていました。

1回だけ特別展見るならこの時期がベストだったのでは?

天神縁起絵巻は、内容を知らずに絵だけ見てもさっぱり分からないので、
どうしても事前学習が必要だと思っています。
その意味で、非常に有用なタイアップ企画でした。

ただ、会期69日間中14日間のみと、実施期間が非常に短かったのは残念です。
せめて福岡市立博物館の時のように、特別展会場内に写真パネルと解説を展示すれば、
鑑賞の手助けになることは間違いないでしょうね。

天神さま弁当(その4) 

天神さま松花堂弁当への寸評。

天神さま松花堂弁当


普通に美味しいので、値段相応ではあります。
洋食中心の店舗でありながら、
吸い物の出汁がきちんと取れていた点は特筆すべきでしょう。

ただ、これのどこが「天神さま」なのか? となると悩むところです。
「京風のお弁当」という枠組みならまだ分かりますが、
コンセプトの「平安の食」とは違う気がします。

また、牛と鶏の組み合わせには考えてしまう部分があります。
神の使いである牛は食べないものですし、
出立を急かせた鶏は飼わないものですし。
確かに「おいしい松花堂弁当」ではありますけれど、
道真さんからは離れている気がします。

そこで、それっぽいものを思いつつまま挙げてみます。

 ・ぐじ(甘鯛)の道明寺蒸し
 ・青菜の菊花和え
 ・山芋の梅肉和え
 ・竹の子と昆布・根菜の炊き合わせ
 ・梅干しを混ぜたご飯(炊飯時に混ぜればより理想的)
  または 紫蘇ご飯
 ・笹巻き生麩まんじゅう

梅・菊・竹・昆布・道明寺粉は外せないですね。
ショウガも使いたいんですが、すぐには思いつきませんでした。

(付記)
料理名について補足。

油揚げ巻き=信太巻き、なのは、信太(大阪府和泉市)に住むキツネが
安倍晴明を産んだという信太妻伝説にちなむもの。
ゴボウが八幡巻きになるのは八幡市がゴボウの産地だったからです。

道明寺(粉)はもち米を蒸してから乾燥させ、砕いたもの。
道明寺の住職だった道真のおばが陰膳に使った米で作ったのが
ルーツとされているの、ご存知でした?

天神さま弁当(その3) 

イカの菊花揚げ

イカの菊花揚げ。
何らかの麺類(素麺?)を短く切り、イカのすり身の周囲に貼り付けて油で揚げたもの。
ちょっと油っぽいかな? レモン絞らないと辛いかも。

これに、上に黒胡麻を振った白ご飯・漬物3種類・ほうじ茶がつきます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。